<< 亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞) | main | 元大和郡山市議、無罪確定=融資詐欺、控訴断念−奈良地検(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【くらしナビ】お肌のサポーター「卵殻膜」(産経新聞)

 ■精妙な自然のフィルター 化粧品に応用

 鶏卵の中にある薄い「卵殻膜」が、女性にとって気になるお肌の味方になる、と注目されている。最近の研究で肌へのサポート力が明らかになり、化粧品として製品化されたのだ。

 「卵殻膜」とは、卵の殻と白身の間にある0・07ミリの二層の膜のことで、主成分はタンパク質。人の肌や髪の成分に近く、18種類のアミノ酸でできている。

 セルツーボディ・ダイナミクス・ラボ(身体に劇的に影響を与える細胞研究)に詳しい東大の跡見順子名誉教授によると、「細胞というのは、いい環境をつくってやると本当にうまく、元気に働いてくれるんです」という。

 人間の皮膚はコラーゲンを中心に、糖タンパク質、ヒヤルロン酸などでできている。その中でも、肌の弾力を保つ役割を担っているのが、コラーゲンの中のIII型コラーゲンで、赤ちゃんの肌に多く含まれており、「ベビーコラーゲン」とも呼ばれている。

 ところが、このIII型コラーゲン。年とともに徐々に減少してしまう。皮膚がたるみ、弾力がなくなるのはそのせいだ。

 跡見名誉教授は加水分解した「卵殻膜」を使い、皮膚細胞への影響を調べたところ、細胞が劇的に活性化。コラーゲンや糖タンパク質、ヒヤルロン酸などを旺盛に作り出したという。

 「卵殻膜というのは生物が作り出した微妙で精巧なフィルター。酸素を取り込んでCO 2など有害物質を排出してしまう。ひなが細菌に侵されず、育つのもこの卵殻膜のおかげで、自然が作り出した神秘の驚くべき物質」と跡見名誉教授。

 その「卵殻膜」を使った化粧品が「アルマード・ラディーナ」。セシール(高松市)の関連会社「アルマード」が扱っている美容液だ。

 「一昨年の秋に販売開始しましたが、通販とネットのみの展開にもかかわらず大変な反響」と、セシール広報室の藤田あおいさん。

 小さな卵の中の不思議な力。今後も利活用が期待できる素材だ。(小林忍)

<大阪市議補選>橋下新党の候補者内定 女性の会社役員(毎日新聞)
<財政審>26日に総会開催 会長に吉川・東大教授選任へ(毎日新聞)
首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
普天間問題 鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
体罰の問題施設名は公表すべき? 橋下知事の判断は…(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 14:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
ショッピング枠現金化
情報商材レビュー
無料携帯ホームページ
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM